歯周病

歯周病あるいは歯槽膿漏とは
歯周病、あるいは歯槽膿漏とは、歯垢が原因で歯を支える周りの組織がしだいに壊されていく慢性の病気です。

歯槽膿漏という名称は、歯槽(歯茎)から膿が出ることに由来します。自覚症状がないままに進行していくため、歯茎が腫れたり、歯がぐらぐらしたりして初めて意識するといったケースがほとんどです。

歯周組織の破壊が進むと急性の炎症を起こして痛むことがあります。やがて、歯と歯肉の間に歯周ポケットというすき間ができ、歯の周りの結合組織や歯槽骨も破壊され、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病を予防するには、毎日の歯磨きを念入りに行い、定期的に歯科医院で歯石を除去します。

歯周病の治療では、歯石の除去、病的な組織を掻き出す歯周ポケット掻爬、抗生物質の注入などを行ないます。