過払い

過払い請求による信用情報とその後のローンについて
債務整理や過払い請求を行った時には、それらの情報が個人信用情報として記録されることがあります。一度記録されれば新たにローンを組む時には不利になります。

ですから、個人信用情報として記録されないような方法をとることも視野に入れておく必要がありますし、債務整理の過払い請求でも記録されない方法もあります。

しかし、個人信用情報に記録されなかったからと言って、必ずローンの審査に通るわけではありません。ローンの審査は個人信用情報だけではなくて、年収やその他の条件を総合的に見て判断をするためのものですから、個人信用情報に傷がなくても審査に落ちることはあります。